活用方法

オイルには、抗酸化物質や必須脂肪酸、ビタミン、ミネラルといった栄養素を含む有効成分がたっぷり。潤いを閉じ込めて肌を外的刺激から守り、すこやかな美肌を育むために

活用法1

⼿持ちの化粧品にブレンドして

手持ちの化粧⽔や乳液、ボディクリームなどに
1~2滴混ぜることで、保湿⼒がアップ!
化粧下地に
1滴加えることで下地がしっかりし、⼣⽅まで乾き知らず!
  • 詳しくはこちら
  • 詳しくはこちら

活用法2

化粧⽔の前の促進補助に

洗顔後すぐ、オイルを顔全体に伸ばし,軽く⼿でパッティング。
オイルが肌を柔らかくほぐしてくれるので、後につける化粧⽔の浸透がアップし、保湿効果をアップ!

化粧⽔の前の促進補助に

活用法3

マッサージオイルとして

肌に元気がないな、と感じた時にはオイルマッサージ
お気に⼊りのオイルと混ぜて使うのもOK
指のすべりが良くなり、肌への摩擦が軽減されます。 血行がよくなるとともにオイルに含まれる栄養分が肌にしっかり届けられ、ハリやツヤもアップ!

マッサージオイルとして

活用法4

頭⽪ケアに

毛穴に詰まった汚れや⽪脂をオイルで浮かせてクレンジング
週1~2回程度(毎⽇でもOK)、オイルを頭⽪になじませ、指の腹を使ってらせんを描くようにもみ込みます。 その後シャンプーして洗い流せばスッキリ!

頭⽪ケアに

活用法5

ボディケアに

入浴後の保湿ケアは、「乾く前」がポイント
バスルームから出る直前、まだ⽔滴が残っている状態の肌にオイルをまんべんなく馴染ませた後、 タオルでそっと⽔気をぬぐい取れば、潤いそのままのしっとり肌に!

ボディケアに

活用法6

お⼿⼊れの最後にプラスして

朝晩のお⼿⼊れの⼀番最後にオイルを顔全体に
最もベーシックな使い⽅です。 肌表⾯をオイルでラッピングすることで潤いをしっかり閉じ込め保湿⼒を強化。 最初はまず1〜2滴からはじめましょう!徐々にお肌になじんできたら、それがアナタのベスト適量です。

お⼿⼊れの最後にプラスして